遺書~5年前の俺へ~(6)

【悪戦苦闘】

~つづき~

 

スカスカの空間に新聞紙
クシャクシャにしてっこんで
なんとか収まった。

ようやく小田原のAmazon倉庫に発送。

 

発送は近所のFァミリーマートで出来る
伊藤忠商事の「はこBOON」。

 

「はこBOON」は
自宅の不用品をヤフオクで
売ってた時に知った。

 

スノボとかブーツとか売ったなぁ。

 

出品した売れるのかどうなのか
期待と不安が一つになって
複雑な感情だったのを覚えている。

 

数日後Amazonからメールが来て
倉庫に到着しました!とのこと。

 

次の日セラーセントラルの画面を見ると
「出品中」の文字が。

 

一つだけ「在庫切れ」になっていた。

なんだろな?と思ったら
Amazonからメール。

 

 

商品発送のお知らせ。

 

 

 

マジかーっっ!!

 

 

 

早すぎるよAmazonっ!

 

 

 

実店舗で言ったら

「並べた途端に売れた」

というこの事実。

 

その後はトントン拍子に
売れる売れる。

 

だが、10日ぐらい経ったら
ピタっと音沙汰無し。

 

売れない。

 

 

商品発送されない。

 

 

代金回収できない。

 

 

ウォーーー!

 

 

悶々とした日の繰り返し。

 

それを唯一癒してくれるのは
仕入れに行って
「売れる商品を探す」こと。

 

毎日毎日繰り返していくと
二ヶ月ぐらい経ったら

 

会社帰りにブックオフ寄らないのが
何だか気持ち悪いようになっていた

 

それから去年のうちは
練習と思ってひたすらリサーチの毎日。

 

200円コーナーコンプリートしたら

アダルトコミックに行って

DVDに行って

プロパー本へ。

マインドブロックが徐々に外れていった。

 

去年は練習ということで
特に仕入・売上記録は
取っていなかったが、

今年の1月に12万円売上げてから
徐々に売上は上がって来ている。

先日HHさんに自分の取り扱い商品のリストを見てもらった所
仕入れ単価を上げるようにとアドバイスをもらったので

現在は単価2〜5000円くらいの
オモチャを中心に仕入れている。

 

実際に店舗に行ってリサーチするのは

体力を非常に使う。

 

ずっと立ちっぱなしでバーコードを

読み続けるわけだから。

 

ただ、それをやることによって

自分に利益をもたらせる訳だから

 

「リサーチやらないなんて頭おかしいんじゃねーの?」

 

ぐらいの気構えでやること。

 

誰の為でもない。

自分の為だから。

 

それで実際の所は買ってくれるお客さんの為になる訳だし。

 

体力的にキツイのはみんな同じ。

 

栄養補給方法や体力増強の話は次回することにしよう。

 

~つづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です