遺書~5年前の俺へ~(3)

【転身】

~つづき~

俺が動画を担当したのは男の永遠の夢である

「モテる」「稼ぐ」

この二大欲求に訴えるものであった。

 

プロモーションは大成功。

一億近くの売り上げが上がった。

 

二作目、海外投資の学校ローンチ。

リスト集まらず。

 

三作目、輸入ビジネスローンチ

一億近く売り上げ上がるも
コンテンツホルダー報酬未払い。
リストシェアもなし。

プロデューサーに支払ったとはいうものの
何も連絡なし。

 

四作目、ネットビジネス塾
N氏とのコンビで起死回生を図るも瀕死。
リストシェアもなし。

 

二人の若手動画編集者が新しく入ってきて
私のポジションがなくなって

 

セミナー撮影をやってほしいと
プロデューサー(半ばリストラ)

 

動画編集は楽しかったがセミナー撮影は
ローンチに比べて身入りも少ないし
リストシェアも無い。

 

魅力が感じられなかった。

 

同時にツィッターアフィリもやってはみたが、

146アカウントが一斉に凍結。

 

自分自身のネットビジネス魂も
凍結してしまい一旦身を引いた。

 

実社会の会社での人間関係に

ほとほと嫌気がさしていたので

独自で出来る仕事が無いか模索。

 

色々な資格講習をやっている場所を探すうちに

「マンション管理士」の資格と出会う。

 

マンションの管理組合にコンサルティングする資格。

 

独立開業も出来る。

建築の学校も出たし、マンションディベロッパーでの経験もある。

 

これだ!と思い講座に通い勉強するも不合格。

 

だが、ダブル受験でマンション管理をするのに必要な資格である

「管理業務主任者」も一緒に受けていてそちらは合格。

 

では管理業務主任者が就ける仕事とはどのようなものかと思い、

ハローワークに行ってみると丁度求人アリ。

 

公社で建てたマンションの管理をする一般社団法人。

いわゆる第三セクターのような所。

 

採用面接の際には

「ゆくゆくは正社員になってもらうのを前提に採用したから頑張って欲しい」

とまずは契約社員で採用。

 

そこは半分役所のような所で

書類が全部揃ってなければ決済も降りない。

ハンコを貰うのが仕事になっていた。

 

あとは長期修繕計画の内訳(見積書みたいなもの)を

ひたすらエクセルに打ち込むだけ。

 

前任者が現場監理をしなければならないと

溜めて溜めた溜めた内容を全部一年掛けて整理した。

 

とにかく単純労働で眠くなり

トイレで何度顏を洗い、刺激の強い目薬を差したことか。

 

 

飲めないコーヒーをがぶ飲みし胃がただれた。

 

 

全部終えた時には感謝の念を上司から述べられた。

 

「これで認められた!正社員になれるんだ!」

 

と思っていた。

 

 

 

しかし・・・

 

~つづく~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です