遺書~5年前の俺へ~(8)

【せどりに必要なもの・事】
せどりに必要な心構えや身体のことは
わかったと思う。

これからは実際に必要なもの・事を
説明していく。

ちなみに俺がいまやっているのは
せどりの中でも一番一般的な

「店舗せどり」

をやっている。

 

ブックオフなどで
本やDVDなどを仕入れて
Amazonで売る手法だ。

 

せどりに必要なものは

(1)パソコン
(2)プリンター
(3)A4コピー用紙
(4)スマートフォン
(5)クレジットカード
(6)銀行口座
(7)Google Chrome(グーグルクローム)
(8)Amazonセラーアカウント
(9)せどりアプリ
(10)Amazonセラーアプリ
(11)シールはがし
(12)FBA納品用ラベル
(13)OPP袋
(14)セロテープ
(15)ダンボール
(16)緩衝材
(17)OPPテープ

などだ。

一つ一つ説明していこう。

 

(1)パソコン

これはデスクトップでもノートブックでも構わない。

また、WindowsでもMacでも構わない。

お前は今Windows使ってるだろうが
俺は今はMacを使っている。

Amazonとのやりとりや売上管理に使う。

(2)プリンター
インクジェットのカラープリンタを使う。
Amazonへの納品に郵便局を使う時
カラーで印刷する必要があるからだ。

(3)A4コピー用紙
納品書や売上集計等を印刷するのに必要。

(4)スマートフォン
今お前はauのアンドロイドスマートフォンを使っているが
絶対にiPhoneの方がいい。

まだ発売されてないって?
大丈夫だ。

数ヶ月後にはSOFT BANKから
発売される。

後々にau docomoも
発売されることになる。

(5)クレジットカード
店舗での仕入れの
決済(代金の支払い)に使う。

今のお前の時代には
まだ出てないかもしれないが

Yahooカードというのがある。

CD・DVDレンタルの
TSUTAYAってあるだろ?

そこで使えるTポイントが
カード利用するたびに貯まる。

また、取り扱う品数が多くなってくると
2枚決済日が違うカードを用意しておく方がいい。

取り扱える金額が単純に倍になるし
資金のまわりを考えるとメリットが多い。

ちなみに俺はセブンイレブンで使える
セブンカードを使っている。

これもまたポイントが貯まってトクだから。

(6)銀行口座
Amazonからの振込先として
銀行口座の指定が必要。

クレジットカードの
引落口座と同じ方がいい。

金の出入りが管理しやすいからな。

(7)Google Chrome(グーグルクローム)
Google社が提供するインターネットブラウザ。

色んなシチュエーションで
・メールアドレス
・パスワード
・名前
・住所
・電話番号等
を入力する場面が結構インターネットにはあるだろ?

それを自動で入力してくれる賢いブラウザ。

今使ってるインターネットエクスプローラは
(のちにマイクロソフト・エッジというものになるんだが)

使い勝手が全然違う。

他にファイアフォックスとか色々あるけど
クロームが一番使いやすいし

これからせどりを進めていくうちに
必要な拡張機能を充実させていけるから
これを使うことをオススメする。

~つづく~

遺書~5年前の俺へ~(7)

【せどりに必要な体と食事】
~つづき~

1~2時間ぐらいのリサーチではそうでもないのだが

ガッツリ一日やろうもんなら

腰が悲鳴を上げる。

それを解決するために実施したのが

「ロングブレスダイエット」の本を
ブックオフで買って

毎朝ラジオ体操の後にやった。

俳優の美木良介が提唱している
ダイエット法なのだが

http://kisu.me/nqt

彼が20年も腰痛に悩まされつづけて

研究に研究を重ねて

行きついた方法である。

3秒で息を吸い、

7秒思いっきり吐く。

これが結構キツイ。

参考動画

これをやって1週間ぐらいで
リサーチしていても
腰が痛くなくなってきた。

せどり始める前に腰回りは

鍛えておいた方がいい。

あと、せどりをやっていると

かなり体力を消耗する。

栄養補給する・しないで

かなりポテンシャルが変わってくるので

対応方法としては

栄養ドリンクもいいのだが、

もっといいものがある。

イオングループの「まいばすけっと」
で売ってる「ROYAL JELLY 300」

がオススメだ。

これ飲むと疲れ方が全然違う。

1時間リサーチすると

これを飲んでないと

座って休憩したくなるのだが

これを飲んでると
2~3時間はぶっつっけでイケる。

これに合わせてクエン酸を摂取すると

テキメンに疲れが回復する。

フィットケアデポ

で売ってる「クエン酸スティック」

がオススメ。

酸っぱいことは酸っぱいのだが

飲みやすく味付けされており
水に溶かしてもよし

そのまま舐めても良しだ。

また植物性のデンプンを発酵させて作った

クエン酸というのもある。

これはメチャ酸っぱいので

他の甘いスムージーなどと
一緒に飲む事をオススメする。

野菜不足に陥ってるだろうから

スムージーを飲むことをオススメする。
今住んでる所は野菜が摂れる店は

近くにないだろうからな。

青汁摂ってるだろうが

スムージーの方がビタミン・ミネラル

果糖etc入ってるからな。

これなんかオススメだ

 ↓

フルーツと野菜が一気に摂れてしかもダイエットできる。

お前がいま頑張ってくれれば

俺はもうちょいスリムになってるからな(笑)

今住んでる所は野菜タンマリ摂れる店が近くにある。

姪っ子が生まれた産婦人科のすぐそばで
会いに行った帰りにWさんとMさんとで

メシ食ったあそこだ。

2年ぐらい前にリニューアルしてしゃぶしゃぶのお店になって
肉や野菜なんかが食べ放題なんだ。

すっかり常連になって
俺が注文する前に

ウェイレスさんから

「いつものですか?^ ^」

と聞かれる始末・・・。

とにかく野菜は

タンマリ摂るように。

〜つづく〜

遺書~5年前の俺へ~(6)

【悪戦苦闘】

~つづき~

 

スカスカの空間に新聞紙
クシャクシャにしてっこんで
なんとか収まった。

ようやく小田原のAmazon倉庫に発送。

 

発送は近所のFァミリーマートで出来る
伊藤忠商事の「はこBOON」。

 

「はこBOON」は
自宅の不用品をヤフオクで
売ってた時に知った。

 

スノボとかブーツとか売ったなぁ。

 

出品した売れるのかどうなのか
期待と不安が一つになって
複雑な感情だったのを覚えている。

 

数日後Amazonからメールが来て
倉庫に到着しました!とのこと。

 

次の日セラーセントラルの画面を見ると
「出品中」の文字が。

 

一つだけ「在庫切れ」になっていた。

なんだろな?と思ったら
Amazonからメール。

 

 

商品発送のお知らせ。

 

 

 

マジかーっっ!!

 

 

 

早すぎるよAmazonっ!

 

 

 

実店舗で言ったら

「並べた途端に売れた」

というこの事実。

 

その後はトントン拍子に
売れる売れる。

 

だが、10日ぐらい経ったら
ピタっと音沙汰無し。

 

売れない。

 

 

商品発送されない。

 

 

代金回収できない。

 

 

ウォーーー!

 

 

悶々とした日の繰り返し。

 

それを唯一癒してくれるのは
仕入れに行って
「売れる商品を探す」こと。

 

毎日毎日繰り返していくと
二ヶ月ぐらい経ったら

 

会社帰りにブックオフ寄らないのが
何だか気持ち悪いようになっていた

 

それから去年のうちは
練習と思ってひたすらリサーチの毎日。

 

200円コーナーコンプリートしたら

アダルトコミックに行って

DVDに行って

プロパー本へ。

マインドブロックが徐々に外れていった。

 

去年は練習ということで
特に仕入・売上記録は
取っていなかったが、

今年の1月に12万円売上げてから
徐々に売上は上がって来ている。

先日HHさんに自分の取り扱い商品のリストを見てもらった所
仕入れ単価を上げるようにとアドバイスをもらったので

現在は単価2〜5000円くらいの
オモチャを中心に仕入れている。

 

実際に店舗に行ってリサーチするのは

体力を非常に使う。

 

ずっと立ちっぱなしでバーコードを

読み続けるわけだから。

 

ただ、それをやることによって

自分に利益をもたらせる訳だから

 

「リサーチやらないなんて頭おかしいんじゃねーの?」

 

ぐらいの気構えでやること。

 

誰の為でもない。

自分の為だから。

 

それで実際の所は買ってくれるお客さんの為になる訳だし。

 

体力的にキツイのはみんな同じ。

 

栄養補給方法や体力増強の話は次回することにしよう。

 

~つづく~

遺書~5年前の俺へ~(5)

【初体験珍道中】

~つづき~

さて、せどり。

ネットビジネスシークレッツ(NBS)

で第1コンテンツの発表が有った。

 

 

クールさんのブックオフせどりだった。

丁度いい。

 

 

なになに?

当時105円で売られていた本(単C本)を仕入れて

Amazon販売して利鞘を稼ぐ手法。

 

クールさんはネットの情報だけでやり方を学び、実践し、結果を出した。

 

 

まずはこれから試しにやってみようと
リサーチ無料ソフト「せどりすと」を
ダウンロードして近所のブックオフへ。

 

利益の出る商品はどれだろう?
108〜200円コーナーの本の
バーコードにiPhoneカメラをかざす。

 

 

みーんなマイナス211円・・・

 

 

100冊ほどリサーチした時に突然
粗利の欄が赤くなった。

 

 

500円!?

そんなに利益が出るの?

 

 

半信半疑買い物カゴに入れる。

そしてまたリサーチリサーチ・・・

 

その日はとりあえず3冊買ってみた。

 

 

 

さて、FBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)の登録だ。

登録の仕方をググってみる。

 

いろんな動画ページやPDF・・・

どれ見ればいいんだ?

 

とりあえずAmazonなんだからAmazonだろ

とAmazonのページに行って
マニュアルをダウンロードしてみる。

 

読んでみる。

やってみる。

 

 

・・・意味ワカラン。。。

 

結局登録するのにすんごい時間掛かって

ローンチ時代の動画仲間にヘルプを求めて
何とか登録完了。

 

出品するには
OPP袋やバーコードを隠す為のシールや
もろもろ準備するものがいる。

 

そのときに参考にしたのが
「さといも」さんや
「高島」さんの
youtube動画。

 

会社帰りにヨドバシやビックカメラ、
100均を廻った。

 

Amazon納品バーコードを印刷する
貼ってはがせるシールを見つけた時には
カンドーもんだったなぁ。

 

さていよいよ出品。

 

はて。段ボールが無い。

 

そういえばyoutube動画で
140サイズがいいよ!って言ってたなあ。

 

近所のKロネコに行って買ってみた。

 

 

・・・デカイ。。。

本を48冊入れるにはデカすぎる。。。

 

 

買って帰ってそのうち使うだろうと
一旦保留。

作業台の下に敷いてしばらく使ってた。

 

近所のMいばすけっとで段ボール貰えないか聞いてみるもダメだって。
コンビニ2件もダメ。

 

 

良くいくスーパーで聞いてみる。

 

大根の入っていた段ボールと
じゃがいもの入っていた段ボールを
もらって帰る。

 

今まで仕入れた48冊全部をOPP袋に詰めて
シールを貼って段ボールに入れてみる。

 

 

・・・入らん。。。

 

段ボールが今度は小さすぎた。

 

近所のドラッグストアに
段ボールもらいにいく。

ちょっと大きめの。

帰って詰めてみる。

 

 

・・・スカスカ。。。

 

 

~つづく~

遺書~5年前の俺へ~(4)

【裏切り】

~つづき~

そこの会社は契約社員に年末面談を行い次年度の状況、評価、次年度の契約の意思の有無を確認される。

その面談にて正社員として迎える事は出来ないという。

 

・・・話が違う。

 

何のために一年間ずーっとストレスを溜めて体調をおかしくしながら働いてきたのか。

 

話が違うとなると来年の面談では更新しないと言ってやるという復讐に似た感情が湧き上がってきた。

 

 

 

「・・・わかったよ。一年間は奴隷でいてやる。そのあとは・・・」

 

 

 

従順すぎるほど仕事に従事した。

 

ただストレスで身体が動かずベットから起きる事さえ出来ずに

上司に連絡を入れる事も度々あった。

 

忙しいのに休むとは何事だという小言は何度言われたかわからない。

ただ体が全く動かないのだから仕事に行こうとしても行けないのだ。

 

この状況も年末にはオサラバすると誓って
何かやらなければとネットで情報をを
ひたすら検索。

 

すると28年春
とある人物の名前を目にした。

 

わたしは自分の目を疑った。

 

K塾で事あるごとに
名前の出てきていた人物。

 

 

その人の名はHH。

 

 

 

「伝説の人物が動き出す」

 

心底思った。

 

マスターマップキャンペーンに
即座に申し込み動画をみていくうちに
ドンドンハマっていく。

ローンチ動画を過去には自分も制作していて裏側も良くわかっていたはずなのに
ドンドン引き込まれていく。

「目を開く」「知的興味の領域を広げる」

この二つの言葉にすっかり引き込まれて

マスターマップの扉を開いた。

 

マスターマップはノウハウというより
心構え(マインド)の授業が中心。

いままでやってきた実際のノウハウ塾とは
一線を画していた。

伝説の人物が講義しているのだから
身に入らないはずはなかった。

 

しかし、授業が進み
仕組化、最大化の内容になってくると
自分の腑になかなか落ちていかない。

 

理由はすぐにわかった。

 

実践してないから。

 

この年末には会社を退職する
という意思表示をしなければならない
この状況で

何もしていないもいうのは
どういうことだと
自責の念に駆られた。

 

では何をやる?

 

自分に何が向いているかを調べるアンケートが

マスターマップにはついていた。

 

さてさてー自分は何が向いてるんだろー

・ツィッターアフィリ
・ポイントサイト攻略
・せどり

この3つ。

 

げ!ツィッターアフィリ!

 

どんどんあの146リストが凍結していって

グレーになっていく場面を思い出す。

 

うわうわ!マジか!?

 

できるのか?

 

という思いで一杯になった。

 

つぎに「ポイントサイト攻略。」

とりあえずゲットマネー登録。

 

来るメールを見て
アドレスクリックして
ポイントゲットする。

1回1ポイントや3ポイントずつ
もらえる。

 

 

一ポイント0.5円。

 

気が遠くなった。。。

 

~つづく~

遺書~5年前の俺へ~(3)

【転身】

~つづき~

俺が動画を担当したのは男の永遠の夢である

「モテる」「稼ぐ」

この二大欲求に訴えるものであった。

 

プロモーションは大成功。

一億近くの売り上げが上がった。

 

二作目、海外投資の学校ローンチ。

リスト集まらず。

 

三作目、輸入ビジネスローンチ

一億近く売り上げ上がるも
コンテンツホルダー報酬未払い。
リストシェアもなし。

プロデューサーに支払ったとはいうものの
何も連絡なし。

 

四作目、ネットビジネス塾
N氏とのコンビで起死回生を図るも瀕死。
リストシェアもなし。

 

二人の若手動画編集者が新しく入ってきて
私のポジションがなくなって

 

セミナー撮影をやってほしいと
プロデューサー(半ばリストラ)

 

動画編集は楽しかったがセミナー撮影は
ローンチに比べて身入りも少ないし
リストシェアも無い。

 

魅力が感じられなかった。

 

同時にツィッターアフィリもやってはみたが、

146アカウントが一斉に凍結。

 

自分自身のネットビジネス魂も
凍結してしまい一旦身を引いた。

 

実社会の会社での人間関係に

ほとほと嫌気がさしていたので

独自で出来る仕事が無いか模索。

 

色々な資格講習をやっている場所を探すうちに

「マンション管理士」の資格と出会う。

 

マンションの管理組合にコンサルティングする資格。

 

独立開業も出来る。

建築の学校も出たし、マンションディベロッパーでの経験もある。

 

これだ!と思い講座に通い勉強するも不合格。

 

だが、ダブル受験でマンション管理をするのに必要な資格である

「管理業務主任者」も一緒に受けていてそちらは合格。

 

では管理業務主任者が就ける仕事とはどのようなものかと思い、

ハローワークに行ってみると丁度求人アリ。

 

公社で建てたマンションの管理をする一般社団法人。

いわゆる第三セクターのような所。

 

採用面接の際には

「ゆくゆくは正社員になってもらうのを前提に採用したから頑張って欲しい」

とまずは契約社員で採用。

 

そこは半分役所のような所で

書類が全部揃ってなければ決済も降りない。

ハンコを貰うのが仕事になっていた。

 

あとは長期修繕計画の内訳(見積書みたいなもの)を

ひたすらエクセルに打ち込むだけ。

 

前任者が現場監理をしなければならないと

溜めて溜めた溜めた内容を全部一年掛けて整理した。

 

とにかく単純労働で眠くなり

トイレで何度顏を洗い、刺激の強い目薬を差したことか。

 

 

飲めないコーヒーをがぶ飲みし胃がただれた。

 

 

全部終えた時には感謝の念を上司から述べられた。

 

「これで認められた!正社員になれるんだ!」

 

と思っていた。

 

 

 

しかし・・・

 

~つづく~

 

遺書〜5年前の俺へ〜(2)

【映像との出会い】

~続き~

こんな世界が有るのかということを知りネットビジネスに関するセミナーに出まくった。

渋谷の貸し会議室で行われた二日間にわたり行われたセミナーに参加してみた。
講師は4人。
1日2人ずつ2日間。

そこで最後に登壇したのがK氏。

ネットビジネスの現状や理念、

集客➡︎教育➡︎オファー

リストの重要性

荒れ果てたネットビジネス業界をHアフィリ塾で活動していた時代に戻したい。

健全化したいという。

なにを通じて?
「プロダクトローンチ」を通じて。

当時の私には

「何ですかそれ?」

だった。

プロダクトローンチとは、動画を使ったマーケティングのことである。

もともと私は学生時代吹奏楽部で
トランペットを吹いていた。

演奏会の模様を顧問の先生が
ビデオに録ってくれていた。

編集したものを見てると皆んなが演奏しているところを

食い入るように見つめ面白い所は皆んなが一斉に笑いあい

すごく楽しかった。

 

次の年はその先生が録画してからビデオカメラを借りて
自分の家のビデオデッキを繋いで編集作業をした。
これがまたメチャクチャ楽しかった。

作業していても楽しいが
友達に見せても喜んでくれる・笑ってくれる。
こんな楽しい世界が有るんだと思った。

ローンチは動画編集して公開することで人々が関心を持ってくれて
買ってくれてリストが入って報酬も入る。

なんて面白い世界なんだと思った。

すぐにK塾の門を叩いた。

そのときのセミナーの内容は私のアメブロに残っている。
http://ameblo.jp/jicch/entry-11744128518.html

K塾では講義や飲み会を繰り返し、メンバーとも仲良くなり
いよいよローンチをスタートさせることとなった。

~つづく~

遺書〜5年前の俺へ〜(1)

【衝撃的な出会い】

俺は都内の工業大学卒業後、
マンションディベロッパーに設計職にて就職。

新宿の営業所に配属されるも
横浜の本社に一年たたずに転勤。

その後また一年経たないうちに
新宿に戻される。

このあたりから会社勤めの
不信感を感じ始める。

 

その後子会社の建設会社(ゼネコン)の設計職に出向したが
また一年経たずに経理部門へ異動。

ISO事務局や各現場の請求処理を担当。
また一年経たずに現場へ異動。

 

人事異動による会社への不信感がMAXになり
退職し秋田の田舎へUターン。

 

貯金や退職金で資格取得や旅行をして人生の経験値を貯める。

 

 

その際に取得した資格を元にハローワークにマッチングを頼むと
すぐに地元企業へ面接へ。

戸建住宅の施工管理の仕事に就く。

人事評価は営業成績のみしか評価されず。

 

施工管理による人事考課は全くなし。

元来人見知りであったため営業をいきなりやったところで箸にも棒にもかからず。

 

営業目標をクリア出来なければボーナスは無いという徹底した体制について行けずに退職。

知人の勤める会社が人手不足の為に来ないかと誘われ再度上京。

まずはアルバイトで大工手元をやっていたが
社長に見込まれ半年で正社員に。

 

その後施工管理を任され、仕事振りに惚れ込まれ半年で責任者へ。
だが責任者とは言え所詮は中間管理職。
人間の板挟みとなり精神を病む。

 

責任者は不適切ということで一年程度で解任。

施工管理の仕事にも不適切ということで
新規事業のエアコンメンテナンスの事業を任されるもまた全くの御門違いの営業職。

全く振るわず一年程度で解雇。

 

貯金と退職金、マンション転売で利益が出たのでしばらくまた人生の見直し期間。

パソコン教室に通ってMOSの資格を取得。

 

そこの校長が当時のネットビジネスの状況をセミナーで教えてくれた。

与沢さん、七星さんの存在は衝撃的だった・・・

~つづく~